ムダ毛を薄くする方法とは?ムダ毛が濃くなる原因も解説

ムダ毛の濃さは生活習慣にも関係していることをご存じですか?
実は、ムダ毛の成長はホルモンバランスと密接に関係しているといわれています。

ここでは、ムダ毛が濃くなってしまう原因やムダ毛を薄くする方法を解説します。

ムダ毛が濃くなる原因とは

ムダ毛が濃くなってしまう原因には以下の4つが挙げられます。中には普段の生活の中で対策できるものもありますので、チェックしてみましょう。

ホルモンバランスが乱れている

男性ホルモンに含まれている「テストステロン」には毛を濃くする働きがあります。そのため、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが多く分泌されると毛が濃くなってしまう可能性があります。

ホルモンバランスは、ストレスや体調不良、睡眠不足、偏った食事などによって乱れます。ムダ毛の濃さが気になり始めたら、まずは生活スタイルを見直してみましょう。

ムダ毛処理方法が間違っている

せっかくムダ毛を処理しても、方法によってはかえって毛が濃く見えてしまうことがあります。特にカミソリで剃ると断面積が斜めに広くなるため、より太く見えやすくなります。

また、長い期間にわたって間違ったムダ毛処理をしてしまうと、その刺激を受けて肌が黒ずんでしまいます。黒ずみが影響することで毛が濃くなったように感じる場合も。

紫外線や摩擦など外部からの刺激

体毛は体や皮膚を刺激から守る役割を担っています。紫外線や摩擦なども外部からの刺激の一つです。特に、紫外線を浴びて日焼けした肌は火傷をしている状態と同じです。そのため、肌を守るために防衛反応が働き、太くて丈夫な体毛が生えやすくなってしまいます。

遺伝

濃いムダ毛には毛穴の数も関係しています。毛穴の数が多ければ必然的に生えてくる毛も多くなるため濃くなりがちです。両親のムダ毛が薄い場合は隔世遺伝の可能性もあるため、祖父母が影響している場合もあります。

ムダ毛を薄くする方法

次に、ムダ毛を薄くする6つの方法をご紹介します。すぐに実践できる方法もあるので、ぜひチェックしてみてください。

ストレスを溜めない

ストレスが溜まってきていると感じたら、趣味に時間を割くなどして気分転換をしましょう。ストレスが溜まると女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増加するからです。

また、ストレスはホルモンバランスを乱すだけでなく「副腎皮質ホルモン」を分泌させます。ステロイドとも呼ばれるもので、毛深くなる副作用があります。
ストレスとムダ毛は密接に関係しています。ムダ毛が濃くなったと感じたら、まずはストレスを回避する方法を考え、上手に発散することが大切です。

毛抜きでの処理をしない

毛抜きは想像以上に毛穴や肌に大きな負担をかける自己処理方法です。そのため、刺激から肌を守ろうと防衛反応が働き、体毛が太く濃くなってしまいます。

ピンポイントでムダ毛処理するときに毛抜きを利用したいなら、毛の流れに沿ってゆっくり抜きましょう。それ以外は毛抜きの使用を控え、他のムダ毛処理方法に切り替えてください。

日焼け対策を徹底する

紫外線により日焼けした肌は大きなダメージを受けています。毛抜きと同様、肌を守るために防衛反応が働くため、体毛が濃くなる原因となります。

紫外線は夏だけでなく一年中降り注いでいます。日焼けの程度は季節によって異なりますが、外に出れば常に紫外線の刺激を受けていると考えましょう。日ごろから日焼け止めクリームや帽子、日傘などを利用し、紫外線対策を徹底してください。

睡眠をしっかりととる

睡眠はホルモンバランスを整えるために非常に大切なものです。起床時間は変えずに就寝時間を早めて、一日7時間の睡眠がとれるように努めましょう。

7時間の睡眠確保が難しい場合は、睡眠の質にこだわってみましょう。体に合っている寝具を用意し、短時間でも十分に体が休まるようにしてください。

タバコを吸わない

タバコには女性ホルモンを分解する働きがあり、それによって男性ホルモンの比率が高まってしまいます。また、喫煙することでビタミンCが減少することも大きな問題です。ビタミンCが減少するとタンパク質やコラーゲンなどに影響を与えるため、お肌を気にする女性にとって良いことはありません。ムダ毛対策に限らず、美容と健康のためにもタバコは控えましょう。

女性ホルモンを意識した食事をとる

男性ホルモンが優位に立たないよう、食事を通して女性ホルモンの優位性を高めることも必要です。以下のような食生活をおすすめします。

大豆製品がおすすめ

大豆製品には、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。納豆、豆腐、豆乳、きな粉など、毎日の食事に取り入れやすい食品を選ぶと無理なく続けられます。大豆イソフラボンの一日の摂取目安量は75㎎です。

  • 納豆:2パック71mg
  • 豆腐:1丁300g=約80mg
  • 豆乳:2パック=約82mg
  • きな粉:大さじ8杯=約77mg

ビタミンB6・Eも効果的

ビタミンB6は女性ホルモンであるエストロゲンの代わりにホルモンバランスを整える作用があります。また、ビタミンEにも女性ホルモンの分泌を活性化させる作用があるため、意識して食事に取り入れましょう。

  • ビタミンB6:かつお・まぐろ・鮭・バナナ・玄米ご飯など
  • ビタミンE :アーモンドなどナッツ類・うなぎ・かぼちゃ・アボカドなど

お肉など動物性タンパク質は控える

お肉などの動物性タンパク質は男性ホルモンの分泌量を増やす作用があるため控えましょう。動物性タンパク質には、肉類・魚介類・乳製品・卵などが挙げられます。

楽にムダ毛を薄くしたいなら脱毛が効果的

上記のような対策を取ってもまだムダ毛が気になる場合は、脱毛がおすすめです。食事などを制限することなくムダ毛をなくすことができます。

脱毛は、毛根にある毛の成長に大切な組織「毛乳頭」にダメージを与えて抑毛効果を発揮するものです。大きく分けて「光脱毛」と「レーザー脱毛」の2つの方法がありますが、肌への負担や痛みなどを考えれば「光脱毛」がおすすめ。敏感肌や痛みに弱い方でも比較的気軽にお手入れできます。

脱毛は一度で効果を得られるものではなく、複数回にわたって照射を繰り返します。そうすることで徐々に毛量は減り、細く薄くなります。ほとんどの場合、12回以上照射すれば自己処理をしなくてもムダ毛の気にならない肌を手に入れることができます。

家でも簡単に脱毛ができるのが「家庭用脱毛器」

脱毛サロンでは安全にムダ毛ケアができる反面、料金の高さ、通う手間、スタッフに体を見られることの恥ずかしさなどのデメリットもあり、躊躇してしまう人も少なくないと思います。そこでおすすめしたいのが、家でも簡単に脱毛ができる家庭用脱毛器です。

「脱毛ラボ ホームエディション」は、脱毛サロンで使用している業務用の脱毛マシンを家庭用に調整したもので、取扱説明書を見れば誰でも簡単に自宅で脱毛ができます。64,980円(税別)で全身脱毛300回分と、家族と共有しても十分にお手入れが可能。仕事や育児などでサロンに通えない方でも自宅で好きな時間にお手入れでき、他人に体を見せる恥ずかしさもありません。
これからムダ毛の脱毛を始めたい方は、ぜひ検討してみてください。

ムダ毛の濃さで悩んでいるなら脱毛がおすすめ

ここでは、ムダ毛の原因や対策方法について解説してきました。

ストレスや生活習慣によって知らないうちに濃くなってしまう可能性のあるムダ毛。本気で綺麗な肌を目指すなら、日々の心がけでホルモンバラスを整えつつ、ぜひ脱毛にも挑戦してみましょう。その際は、自宅で気軽に脱毛できる家庭用脱毛器の活用も選択肢の一つとして考えてみてください。

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-116-815

受付時間 10:00∼18:00/土日祝休

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

PAGE TOP