顔のムダ毛処理のメリット・デメリットは? おすすめの方法も紹介

お顔のニキビや肌のくすみ、化粧崩れなどは、ムダ毛が原因の一つと考えられます。そのため、ムダ毛をしっかり処理することで、お肌に関する悩みが改善されるかもしれません。

今回は、顔のムダ毛処理の方法やメリット・デメリットをご紹介します。

顔のムダ毛を処理するメリット

顔のムダ毛を処理するメリットは大きく4つ挙げられます。それぞれ見ていきましょう。

ニキビが悪化しにくくなる

ニキビができる原因は、毛穴に詰まった皮脂汚れによる雑菌の繁殖などが考えられます。顔にムダ毛があると、しっかり洗顔をしたつもりでも余分な皮脂が残ってしまう可能性があり、それがニキビにつながってしまうのです。顔のムダ毛処理をすれば余分な皮脂を取り除きやすくなるため、ニキビ改善の効果が期待できます。

化粧ノリが良くなる

顔にムダ毛があると化粧品が肌にフィットしないため、化粧崩れしやすくなります。時間が経つと皮脂や汗がムダ毛に溜まるため、さらに化粧が崩れてしまいがちです。しかし、ムダ毛を処理すれば化粧品が直接肌にフィットし、ファンデーションなどの化粧ノリが良くなります。

顔の印象が明るくなる

顔のムダ毛は産毛ではありますが、その一本一本は茶色や黒色をしています。そのため、ムダ毛があることで肌の色がくすみ、暗い印象になることも。ムダ毛処理をすればそうしたくすみが取れ、顔の印象が明るくなります。また古い角質も一緒に取り除けるため、透明感もアップします。

基礎化粧品のなじみがよくなる

化粧水・美容液・乳液などの基礎化粧品が浸透しやすく、なじみがよくなります。普段、スキンケアのなじみが悪いと悩んでいる場合でも、ムダ毛処理をするだけで改善されることもあります。

顔のムダ毛を処理するデメリット

間違った顔のムダ毛処理をしていると肌に負担がかかり、乾燥、かゆみ、赤み、炎症などの肌トラブルにつながる可能性があります。一度トラブルが起きてしまうと、肌の状態が回復するまで化粧ができなくなってしまうかもしれません。

また、敏感肌や乾燥肌で肌荒れなどを起こしている場合は、落ち着くまでムダ毛処理を控えたほうがいいでしょう。無理に処理をすると肌状態がさらに悪化してしまう可能性があります。

顔の皮膚は体の中でも特に薄くデリケートです。正しい方法で優しく処理するように心がけることが大切です。

顔のムダ毛処理方法は主に3つ

顔のムダ毛の主な3つの処理方法の特徴や注意点を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

カミソリ

顔剃り用のカミソリを使用してムダ毛を剃ります。ただし、カミソリは肌を深く削ってケガをする可能性があるため、あまりおすすめできません。お風呂あがりなどのムダ毛が柔らかくなった状態の時にシェービングフォームやクリームを顔に塗り、肌状態を整えてから毛の流れに沿って丁寧に剃りましょう。

剃る際は、カミソリを動かす方向と反対側に皮膚を引っ張ると剃りやすくなります。ムダ毛と一緒に古い角質も除去できるため、処理後はツルツルのお肌になります。

ただ、頻繁にカミソリで処理をすると炎症やカミソリ負けなどを起こす可能性があるため注意が必要です。

顔用の電気シェーバー

カミソリのように手軽でありながら肌に優しいムダ毛処理ができるのが、顔用の電気シェーバーです。カミソリのように肌を削るわけではないのでケガの可能性は低く、脱毛前の事前処理としてサロンやクリニックなどで推奨されている方法です

電気シェーバーの場合はカミソリと違い、毛の流れに逆らって剃ります。シェービングフォームなどは必要ありませんが、肌とムダ毛が柔らかい状態だと処理しやすいため、入浴後などに行いましょう。

脱毛

光脱毛やレーザー脱毛によって顔脱毛をする方法もあります。毛の成長の周期に合わせて定期的に光やレーザーを照射します。脱毛が完了すればカミソリや電気シェーバーで剃る必要もなくなり、いつでもムダ毛のないツルツルの肌を手に入れることができます。

肌荒れの可能性が低い脱毛がおすすめ!

脱毛は、メラニン色素に反応してムダ毛にアプローチをします。そのため、肌への負担は少なく肌荒れも起こしにくい対処法です。特にカミソリ負けを起こしやすい敏感肌の方にはおすすめです。

脱毛には主に、クリニックで用いられるレーザー脱毛とサロンで用いられる光脱毛の2つの方式がありますが、レーザー脱毛は痛みが強いため、デリケートなお顔の脱毛には光脱毛がおすすめです。 また光脱毛は刺激が少ないだけでなく、美容成分を含んだジェルを使用して照射することもあるため美肌効果も期待できます。

顔のムダ毛処理で注意すべきポイント

次に、顔のムダ毛処理で注意すべき4つのポイントをご紹介します。これらの注意点を守らないと肌荒れなどを起こす場合があるため気をつけましょう。

頻繁にお手入れしない

顔の肌は薄くデリケートなため、頻繁にムダ毛処理すると肌への負担になります。特にカミソリによるお手入れは刺激が強く、肌荒れを起こしやすい方法です。肌への負担を考え、お手入れのペースは3~4週間に一回程度のペースにしましょう。

入浴中のお手入れはNG

入浴中の肌は普段よりも柔らかくなっており、カミソリで剃ると深剃りになりがちです。必要な角質までも削り取ってしまう可能性が高く、バリア機能を低下させる原因となります。バリア機能が低下すると外からの刺激に耐える力が減少し、肌荒れを起こしやすくなります。

他にも、乾燥、かゆみ、赤み、ヒリヒリとした痛みなどを起こす可能性もあるため、入浴後、必ず水分を拭き取った状態からお手入れしましょう。

お手入れは朝よりも夜がおすすめ

朝に顔のムダ毛処理をすると、その後の化粧で肌に負担をかけてしまったり、外出した時に浴びる紫外線が強い刺激になってしまったりする可能性があります。夜ならお手入れ後にスキンケアをして就寝するだけですので、肌への負担が減ります。ただし、刺激を避けるため、お手入れをした日はパックやマッサージをするのは避けましょう。

アフターケアでしっかり保湿する

お手入れ後は肌が通常より敏感になっているため、マイルドな使い心地の化粧水でしっかりと保湿しましょう。保湿をせずに放置してしまうと、乾燥してかゆみやヒリヒリとした痛みを感じる場合があります。化粧水は2~3回重ね付けをして、入念に保湿ケアをしてください。

顔脱毛でワントーンアップした印象に

顔がくすむことで、会う人に暗い印象を与えてしまう顔のムダ毛。それだけでなく、ニキビや化粧崩れにもつながってしまいます。もしもそんなお悩みをおもちであれば、ぜひムダ毛処理を試してみましょう。すぐにお悩みが解消されるかもしれません。

カミソリや電気シェーバーによる方法も紹介しましたが、やはりおすすめは顔脱毛です。顔脱毛をすれば自己処理の頻度を減らすことができ、最終的にはムダ毛のないツルツルの肌を手に入れることができます。

ぜひあなたも、顔脱毛でワントーンアップした透明感のある肌を目指しましょう。

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-116-815

受付時間 10:00∼18:00/土日祝休

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

PAGE TOP