脱毛の種類とそれぞれのメリット・デメリットについて紹介!

ノースリーブや半そでの服、背中が大きくあいていたり丈が短いなど肌を露出するデザインの服を着たいと思ったとき、「ムダ毛処理をしていない」などの理由で思いとどまったり躊躇してしまうことはありませんか?

自分ですぐにムダ毛を処理できる方法として、ワックスやカミソリによる「除毛」があります。しかし、毛の表面をカットするだけの除毛では、毛根の部分からまたすぐに毛が生えてきてしまい、同じ処理を何度も繰り返さなければなりません。

「ムダ毛の処理が面倒くさい」「自己処理で肌が荒れる」そのような人におすすめなのが、脱毛です。
本記事では、脱毛の種類について徹底解説します。メリットやデメリットを理解したうえで、自分にぴったりな脱毛方法を選びましょう。

脱毛の種類は大きく分けて3つ

脱毛方法は大きく分けて「光脱毛」、「医療レーザー脱毛」、「ニードル脱毛」の3種類があります。光脱毛はサロンでの施術、医療レーザー脱毛とニードル脱毛はクリニックでの施術になり、料金や施術の痛みなど脱毛方法によって異なります。

脱毛を検討している女性は、まず種類別のメリットやデメリットを知っておくことが大切です。

光脱毛

「フラッシュ脱毛」ともよばれている光脱毛は、主にサロンで行われている施術です。毛のメラニン色素に光をあてることで毛根の働きを弱め、毛が生えてくるのを抑制します。

光脱毛の中でも3つの種類がある

光脱毛は「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」の3つに細分化され、それぞれの方法に特色があります。

IPL脱毛

「IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛」は、メラニン色素に反応する光を毛にあて、毛根にダメージを与える脱毛方法です。メラニン色素が多く含まれている濃くて太い毛に効果的です。広い範囲に照射が可能なため、施術時間が短くて済むのが特徴です。

ただしメラニン色素に反応するため、産毛や白髪などの細くて色の薄い毛には効果が薄く、大きなほくろがある部分や日焼けした肌には施術できません。さらに、後述する2つの方法よりも痛みが強い傾向にあります。

SSC脱毛

「SSC(スムース・スキン・コントロール)脱毛」は、イタリアの医療メーカーによって開発された、光とジェルを用いる脱毛方法です。ジェルに「フィニリーブ」とよばれる毛の成長を抑制する成分が含まれており、これを光で照射し肌に浸透させ、毛を生えにくくします。IPLのように光が発毛細胞に直接働きかけるわけではないため、効果実感までに時間がかかります。

SSCでは毛の太さに関係なく脱毛の効果が期待でき、IPLでは難しいとされる細い毛の脱毛にもおすすめです。また、痛みも少なくジェルには保湿成分も含まれているため、肌への負担も少ないのが特徴です。

SHR脱毛

「SHR(スーパー・ヘアー・リムーバル)脱毛」は、毛の生成に必要な細胞を作る幹細胞の「バルジ領域」に繰り返し熱を与えることで、毛が再生されないように働きかける脱毛方法です。「蓄熱式脱毛」ともよばれ、蓄積された熱で細胞に作用します。低い温度でも効果が発揮されるため、痛みや火傷などの肌のトラブルが少ない画期的な脱毛方法として注目されています。

SHRはメラニン色素ではなくバルジ領域に直接作用するため、ほくろや日焼けがある部位でも脱毛が可能です。また、IPL や SSC では難しいといわれている産毛の脱毛にも効果があります。

いいこと尽くめのSHRですが、ひとつだけ欠点があります。それは、最新の設備が必要なだけに、他の脱毛方法と比べて施術をおこなっているサロンが極端に少ないことです。

光脱毛のメリット

それでは次に、光脱毛を「医療レーザー脱毛」、「ニードル脱毛」と比較したうえでのメリットを紹介します。

光脱毛の最大のメリットは、肌にやさしく比較的痛みが少ないことです。また、サロンで施術が行われるため、店舗やプランの選択肢が多いことも特徴的。1回あたりの料金が比較的安いことも、魅力のひとつです。サロンによって異なりますが、6回あたりの全身脱毛は約14万円が相場となっています。

また、光脱毛はサロン以外の場所でも施術可能です。家庭用脱毛器のほとんどは光脱毛を採用しているため家でも気軽に脱毛ができます。中には、サロンで使用されている機械と同じパワーを持つ過程脱毛器も。サロンに通うよりも費用が抑えられ、好きなタイミングで自己処理できることが最大のメリットといえるでしょう。脱毛を考えている人は、家庭用脱毛器の購入も視野に入れてみてください。

光脱毛のデメリット

光脱毛は主にサロンで行われている脱毛方法です。医師による施術ではないため、万が一肌にトラブルがあったときには、自分で皮膚科などに通院しなくてはなりません。また、コースが完了するまでに2~3年程度と長い時間が必要なことがデメリットと言えます。

さらに、光脱毛は永久脱毛ではないことも念頭におく必要があります。自己処理をしなくても大丈夫なほど薄くはなりますが、まったく生えてこなくなるという訳ではありません。

医療レーザー脱毛

クリニックで施術される医療レーザー脱毛は、有資格者の医師と看護師による医療行為です。医療用のレーザーを照射し、毛を形成する毛母細胞を破壊することで、永久脱毛が可能になります。

医療レーザー脱毛のメリット

医療用レーザーから照射される光は、サロンで使用されるものよりもパワーが強く、毛根を完全に破壊させます。通う期間は1~2年で、最終的には永久脱毛が可能です。施術中に肌にトラブルがあっても、その場で治療が受けられるのもメリットのひとつです。

医療レーザー脱毛のデメリット

クリニックでの施術で最大のデメリットは、痛みが強いことです。これは、強い光を集中的にあてるためです。毛が濃い人や日焼けをしている人は特に強い痛みを感じやすい傾向がありますが、最近では麻酔を使うこともできるようになりました。

医療レーザー脱毛のもうひとつのデメリットは、施術費用です。クリニックにもよりますが、5回あたりで約35万円が相場となっています。

ニードル脱毛

「電気脱毛」ともよばれるニードル脱毛では、絶縁体で保護した針を毛穴に差し込み、電流を流して毛根と毛乳頭を破壊します。ニードル脱毛もレーザー脱毛と同様、クリニックで行われる医療行為です。毛根の細胞を完全に壊すため、永久脱毛が可能です。

ニードル脱毛のメリット

1本1本の針が直接毛穴の細胞に働きかけるため、日焼けやほくろ、肌の色を気にすることなく施術ができます。もちろん、産毛などの細い毛や白髪・金髪などの色の薄い毛も脱毛可能。

毛穴一つひとつに対して手作業で施術がおこなわれるため、毛1本単位で脱毛部位を調整できます。さらに、施術直後から効果が実感できるのも大きな魅力です。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛のデメリットは、激しい痛みを伴うことと、施術に時間がかかることです。しかし、毛穴に直接針を刺す医療機関での施術のため、麻酔の使用は可能です。

人体にある約500万本もの毛を1本1本手作業で施術するニードル脱毛は、膨大な時間がかかります。また脱毛の時間単位で清算され、相場は60分あたり2万~3万円かかり、光脱毛やレーザー脱毛よりも、料金が高くなってしまう可能性があります。

毛周期に合わせた脱毛が効果的

どの脱毛方法でも、毛周期に合わせて施術することで、より効果的に脱毛できます。通常、2~3ヵ月に1度くらいの頻度で通うのがおすすめです。

毛周期とは毛の生え変わる周期のことで、成長期・退行期・休止期のサイクルを繰り返します。光脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素がもっとも濃く、光が反応しやすい成長期に脱毛するのが効果的と言われています。後退期・休止期にはメラニン色素が薄くダメージが与えにくいため、効果が出にくくなるのです。

ニードル脱毛に関しては、前述したとおり、メラニン色素の影響を受けません。しかし、成長期にニードル脱毛がターゲットとしている毛乳頭がもっとも活発になるため、ニードル脱毛を受ける場合でも毛周期に合わせる必要があります。

自分にあった脱毛方法を選ぶことが大切

ひとえに脱毛といっても、脱毛方法によって施術期間や料金は異なります。期間を優先する人もいれば、料金を優先する人もいます。しっかり比較したうえで、自分にあった脱毛方法を選ぶことが大切です。

脱毛施術の方法はもちろん、無理なく通える場所にサロンやクリニックあるか通う時間があるのかどうかなど色々調べたうえで、ぴったりな脱毛方法を選んでみてください。

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-116-815

受付時間 10:00∼18:00/土日祝休

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

PAGE TOP