埋没毛を作らないためには脱毛がおすすめ?原因と対処法について紹介

黒くブツブツとなり、お肌の美しさや透明感を損なってしまう「埋没毛」。気になっている方も多いのではないでしょうか。しかし無理矢理引っ張り出したり、そのままにして自己処理を繰り返したりしていると、さらにお肌の状態を悪くしてしまう可能性があります。

そんな埋没毛の予防・解決には、脱毛が最も効果的な方法です。ここでは、適切な埋没毛の対処法や脱毛をおすすめする理由などを解説します。

埋没毛とは

埋没毛とは、文字通り「皮膚の下に埋まっている毛」のことです。

本来、毛は成長をすると毛穴から皮膚表面に伸びてきます。しかし、何らかの原因により毛穴が塞がってしまうと、毛先が皮膚表面に出てこられなくなり、そのまま皮膚の下で成長し続けることで埋没毛となります。

埋没毛が伸びると、皮膚の下に透けてブツブツと目立ってしまいます。また、かゆみを起こしたりニキビのような肌トラブルになることも珍しくありません。

埋没毛はムダ毛の自己処理が原因?

埋没毛の原因の一つとなるのが、カミソリや毛抜きなどを使用したムダ毛の自己処理です。

カミソリはムダ毛と一緒に肌を削ってしまうため、肌に細かい傷ができます。また毛抜きも、毛穴から無理矢理ムダ毛を引き抜くために肌を傷つけやすい自己処理方法です。

ケガをした時にできるかさぶたと同じように、自己処理で傷ついた肌や毛穴は、元に戻るために新しい皮膚を作ります。このタイミングで毛が成長すると、行き場を失った毛が皮膚の下に埋もれ、埋没毛となるのです。

毛の流れに逆らってカミソリを使用している方や力強く毛を引き抜いている方ほど肌への刺激や負担が大きく、埋没毛ができやすくなります。

埋没毛ができやすい場所

埋没毛ができやすいのは、特に皮膚が柔らかい部位や毛が太い部位です。「脇」「二の腕」「太もも」「VIO」「ひざ」「すね」などが挙げられます。

これらは自己処理回数が多くなりがちな部位でもあります。気になるからと言って何度も自己処理を重ねると、肌や毛穴がさらに傷つき埋没毛につながりやすくなってしまうため注意が必要です。

埋没毛ができてしまった時の対処法

では、もし埋没毛ができてしまった時にはどうしたらよいのでしょうか。その対処法を3つ紹介します。

角質ケアをして肌のターンオーバーを早める

自宅で埋没毛の対処をする場合は角質ケアが効果的です。自己処理により厚くなってしまった肌をスクラブなどを使用して柔らかくしましょう。肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーが促進されて、皮膚の下に埋まっている毛が外に出やすくなります。

ただし、肌が炎症を起こしている時はスクラブの刺激により炎症が悪化する恐れがあるので、使用は控えてください。

皮膚科に行く

埋没毛の処置は保険適用のため、自分で対処するのが不安な方は皮膚科で処置をしてもらいましょう。皮膚を柔らかくする薬を処方してもらえたり、ピーリングや切開をして毛を取り出したりする処置が受けられます。

毛抜きで無理やり引っ張るのはNG

自宅で埋没毛を処理する際にやってしまいがちなのが、皮膚から無理矢理毛を引っ張り出して毛抜きで抜く方法です。しかし、無理に毛を引き出すと肌や毛穴を傷つけることになり、再び埋没毛になってしまう可能性があります。さらには雑菌が侵入して炎症を起こす恐れもあるため、無理に引っ張らないようにしましょう。

埋没毛を作らないムダ毛処理方法は「脱毛」

埋没毛の原因のほとんどは、肌を傷つけてしまうムダ毛の処理方法にあります。カミソリや毛抜きでの自己処理を続けることは埋没毛のリスクを自ら高めてしまうことにつながるため、できるだけ控えたほうがいいでしょう。おすすめ処理方法は、脱毛です。脱毛であれば埋没毛の心配はなく安心してムダ毛の処理ができます。

また、脱毛をして自己処理の頻度が少なくなれば、もう埋没毛を気にする必要もなくなり、安心してオシャレを楽しめるようになります。

家庭用脱毛器なら肌の調子を見ながら脱毛が可能

脱毛サロンや美容クリニックでの脱毛が埋没毛予防に効果的とわかっても、通うのが難しい方や、他人に体を見られることに抵抗がある方もいいらっしゃるでしょう。

そんな方には、家庭用脱毛器のご利用をおすすめします。家庭用脱毛器なら、肌の調子を見ながら、自宅で好きな時間に、他人に見られることなくムダ毛ケアができます。

「脱毛ラボ ホームエディション」は、脱毛サロンで使用している業務用脱毛マシンを家庭用に調整した脱毛器。誰でも簡単に使用できます。脱毛サロンと同じ光脱毛なので効果もサロンと変わりません。徐々にムダ毛が減っていき、最終的には自己処理しなくても綺麗な肌が保てるようになります。もちろん埋没毛の心配もありません。

お手入れ回数は、12回以上を目安に2週間~8週間に1回程度、気になる部分に繰り返し照射します。コツコツとお手入れを続ければ、しっかり効果が実感できるはずです。

脱毛する際に気を付けるべきこと

脱毛器を使用して脱毛をする際には、気をつけるべきことが2つあります。操作が簡単な反面、注意点を守らないと肌にかえって大きな負担を与えてしまう可能性もありますので、適切に使用して安全にムダ毛ケアをしましょう。

脱毛前の処理でも肌負担の少ない方法を選ぶ

脱毛前には、火傷を防ぐためにムダ毛を処理する必要があります。この際には、肌や毛穴へ負担をかけないように電気シェーバーを使用しましょう。電気シェーバーはカミソリと違って肌表面の毛をカットするだけなので、皮膚や毛穴などを傷めることがありません。

また、毛抜きで毛を抜くと逆に脱毛効果が得られなくなるので避けましょう。脱毛器は毛の黒い色素に光が反応することで毛根を弱らせます。必ず毛穴に毛が残っている状態にするために、毛抜きは使わず肌に優しい電気シェーバーで処理してください

アフターケアをしっかりとする

脱毛後の肌は熱により乾燥しやすく、炎症やかゆみなどを起こしやすい状態です。そのまま放置をすると乾燥が進み肌トラブルの原因になってしまいますので、脱毛器使用後は冷却と保湿を忘れずに行いましょう。タオルに包んだ保冷剤を火照っている部分に当て鎮静させます。かゆみがある場合も掻かずに冷却して対処しましょう。

冷却した後は、ボディーローションや化粧水を使用して水分を与えます。脱毛直後は油分により肌トラブルが起きる場合もあるため、水分補給のみにしてください。翌日からは乳液やボディークリームなど油分のあるものも使って保湿しましょう。

家庭用脱毛器で埋没毛のないツルツルな肌に

家庭用脱毛器は、脱毛サロンや医療クリニックに通うよりもハードルが低い脱毛方法です。自己処理の頻度も減り、肌や毛穴を傷つけることもないため、埋没毛の悩みからも解放されます。

もしも埋没毛ができてしまったら、無理に引っ張り抜くことはせず、まずはスクラブによる角質ケアや皮膚科への相談などで解決するようにしましょう。それにより毛が皮膚表面に出てくれば、脱毛効果も得られるようになります。

埋没毛への適切な対処と脱毛後のアフターケアを忘れずに行い、あなたもぜひツルツルなお肌を手に入れてください。

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-116-815

受付時間 10:00∼18:00/土日祝休

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

PAGE TOP