自宅でのおすすめのムダ毛処理方法は?メリット・デメリットを紹介

ムダ毛処理を自宅でする際、どのような方法で行っていますか?
ここでは、ムダ毛の処理方法やそれぞれのメリット・デメリットなどを紹介していきます。安全で自分に合った脱毛方法をぜひ見つけてください。

自宅でのムダ毛処理は選択肢が豊富!どれがいいの?

自宅で行えるムダ毛処理方法は、カミソリや毛抜きなど身近なものから家庭用脱毛器まで選択肢が豊富です。しかし、同じ処理をするならできるだけ肌と毛穴に負担のかからない方法を選びたいもの。肌トラブルを起こしてから後悔するようなことがないように、ムダ毛処理の方法を一度見直してみてはいかがでしょうか。

自宅でできるムダ毛処理の方法

では、自宅でできるムダ毛処理には具体的にどんな方法があるのでしょうか。それぞれの方法の特徴やメリット・デメリットを紹介します。

カミソリ

カミソリは、広い範囲を剃るのに便利なT字カミソリや顔用の小さなカミソリまで種類が豊富です。1つあたりの金額も安く、手軽にムダ毛処理を行うことができます。

しかし、カミソリはムダ毛と一緒に肌表面の角質も削ってしまうため、肌にダメージを与えてしまいます。炎症やかゆみ、埋没毛などが起きるだけでなく、摩擦による色素沈着から黒ずみに発展することもあります。

電気シェーバー

電気シェーバーは、肌表面に生えたムダ毛を処理するものです。カミソリのように刃が肌を削る心配がないため、肌トラブルはほとんど起きません。顔用から体用まで種類も豊富です。

しかし、肌表面のムダ毛をカットしているだけなので、すぐに毛が伸びてきてしまったり剃り残しが出てしまう恐れがあるので注意が必要です。また、カミソリと同じく摩擦による色素沈着や黒ずみが起きる可能性もあります。

毛抜き

毛抜きは毛を1本ずつ毛根から引き抜くため仕上がりがきれいです。また、カミソリや電気シェーバーに比べてツルツルの状態が長く続くところもメリットとなります。

しかし、毛穴に大きな負担を与えてしまうのがデメリットです。ブツブツ毛穴や埋没毛、毛嚢炎(毛包炎)などを起こすリスクがあります。ブツブツ毛穴は色素沈着によって茶色くなってしまうこともあるため、ムダ毛処理をしたのに逆に毛穴が目立つ結果となることも。

脱毛ワックス・除毛クリーム

脱毛ワックスには、ハチミツや砂糖など天然素材をベースとして作られたブラジリアンワックスや脱毛ワックスシートなどがあります。どちらもワックスに毛を絡めてシートを剥がして引き抜くものです。古い角質もムダ毛と一緒に剥がれるため肌がツルツルになる点、2~3週間程度キレイな状態が保てる点がメリットとして挙げられます。
一方、抜く時の痛みが強い点や埋没毛になる可能性がある点はデメリットとなるでしょう。VIOなど毛の太い部位では、抜いた時に出血してしまう場合もあります。

除毛クリームは、毛の主成分であるタンパク質を溶かす成分を配合しています。ムダ毛が気になるところに除毛クリームを塗布して5~10分程度経つと、溶けてきれいに処理することができます。肌触りの良い仕上がりもメリットの一つです。

ただ、肌の主成分もタンパク質であるため肌トラブルを起こす可能性があります。敏感肌など肌の弱い方が使用するとヒリヒリした痛みを伴ったり、炎症を起こしたりすることも珍しくありません。軽度の火傷のような症状が起きることもあるので、必ずパッチテストをしてから使用しましょう。

家庭用脱毛器

自宅で脱毛サロンと同じ光脱毛ができるのが魅力の家庭用脱毛器です。お手入れ回数を重ねるごとにムダ毛処理の頻度を少なくすることができ、将来的には処理をしなくてもムダ毛のない状態を保てるようになります。さらに肌への負担も少ないため、肌トラブルや埋没毛の心配もありません。

デメリットは、カミソリなどよりも費用がかかってしまうこと、繰り返しの照射が必要なため、脱毛効果がすぐには発揮されないことが挙げられます。
しかし、初期費用はかかるものの除毛クリームのように継続的に購入する必要はないため、長期的にみればムダ毛処理にかかる費用はほとんど変わらないぐらいになります。
また、繰り返しの照射が必要にはなりますが、サロンなどとは異なり予約をする手間はなく、自分の都合のよいタイミングで脱毛ができるため、それほど手間ではなくなるでしょう。

仕上がりがきれいでダメージが少ないのはどれ?

きれいに仕上がりダメージも少ないムダ毛の自己処理方法として、家庭用脱毛器がおすすめです。
家庭用脱毛器の光はムダ毛の黒い色に反応し、毛の成長に欠かせない組織である「毛乳頭」に直接ダメージを与えます。そのため、肌へのダメージは最小限で済みます。

照射開始から2週間程度経つとムダ毛は抜け落ち、脱毛効果が実感できるようになります。徐々に毛を衰えさせるために毛穴が締まり、目立ちにくくなる効果もあります。

自宅でムダ毛処理する際の注意点

自宅でムダ毛処理をする際、注意していただきたい3つのポイントがあります。肌や毛穴のトラブルを防ぐためにもぜひチェックしてみてください。

肌の調子が悪い時は無理をしない

肌が荒れている、乾燥しているなど肌の調子が良くない時はムダ毛処理をお休みしましょう。無理にムダ毛処理をすると肌状態が悪化してしまう恐れがあります。またホルモンバランスの乱れによっても肌トラブルは起こります。特に生理期間中はいつもよりも肌が敏感なので、ムダ毛処理は控えたほうが良いでしょう。

頻度を上げすぎない

ムダ毛処理は頻度を上げすぎないことも大切です。毎日のようにムダ毛処理をすると、角質がボロボロになって乾燥してしまう、色素沈着を起こしてしまうなど肌トラブルが起きる可能性が高まるので注意しましょう。

毛流れを意識する

カミソリや電気シェーバーを使用する際は毛の流れを意識するようにしましょう。毛抜きを使用する際も、毛流れに沿って抜くと負担が軽減されます。毛の流れと逆方向に剃ると刃に毛が引っ掛かり、肌や毛穴への負担が余計にかかってしまいます。

肌トラブルのリスクも考えてムダ毛処理をしよう

ここまで、自宅でできるムダ毛の処理方法を紹介してきました。

それぞれの方法にメリットとデメリットが存在しますが、長期的な視野で考えれば家庭用脱毛器によるムダ毛処理が最もおすすめです。時間をかけて処理をすればやがてムダ毛処理の必要はなくなり、肌トラブルのリスクからも解放されます。

あなたもぜひこの機会に、より肌にやさしいムダ毛処理方法に変えてみてはいかがでしょうか。

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-116-815

受付時間 10:00∼18:00/土日祝休

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

PAGE TOP