脱毛の冷却ケア、正しい方法は?いつ、どのくらい冷やす?

脱毛は、ただ単に光やレーザーを照射すれば良いというものではありません。
冷却や保湿など、処理前後のケアをきちんとすれば肌の安全や健康を守ることができ、本当の意味での「理想の肌」を手にすることができます。

今回は、美しく健康な肌を手に入れるためにぜひ知っておいていただきたい「脱毛時の正しい冷却ケア」について紹介します。

脱毛後に冷やすのはなぜ?冷却が必要な理由とメカニズム

脱毛器は毛根に熱を与えてムダ毛を抜いていくため、脱毛時には熱や痛みを感じます。
この熱や痛みをできる限り抑えるために大切なのが冷却ケアです。

脱毛直後の肌は、日焼けをしたときのような、ほてりのある状態になっています。
特に、毛深い部位やデリケートな部位は熱の刺激を強く受けやすく、ほてりを感じることも少なくありません。
冷却をせずにその熱を放置しておくと、炎症や赤み、かゆみなどの肌トラブルに発展してしまうことがあります。さらに、皮膚に熱が溜まり続けると火傷のような症状が起きることもあります。

こうしたトラブルを避けるためにも、脱毛後には肌を冷やし、ほてりを鎮める習慣をつけましょう。

誤った冷却は効果減少?正しい冷却の手順

冷却ケアは肌を守るために有効な手段ではありますが、手順を間違えると思うような効果が得られない場合もあります。ここでは、正しい冷却の手順を紹介します。

照射前と後に冷やす

照射後だけでなく照射前にも脱毛箇所を冷やすようにしましょう。
照射前の冷却は痛みを和らげるうえで有効ですし、火傷防止の効果もあります。
脱毛サロンやクリニックでも、照射前には冷却ジェルを塗布したり、冷却ガスで冷やしたりしてトラブルを未然に防いでいます。

冷やしすぎは却ってNG

照射前後の冷却は確かに大切です。しかし、冷やしすぎは逆効果になる可能性もあるので控えましょう。
脱毛器は熱によって毛根にダメージを与え脱毛効果を促す仕組みですが、脱毛後に冷やしすぎてしまうと毛根のダメージが回復してしまう可能性があります。
保冷剤を直接当てるのではなく、タオルで包んだり、水で濡らした清潔なタオルを使ったりして、肌が過度に冷えないように気をつけましょう。

また、長時間冷やし続けることは、毛根の回復だけでなく血行不良にもつながります。冷却時間は長くても5分程度にしましょう。

清潔なタオルやジェルを使う

冷却に用いるタオルは清潔なものを使いましょう。また冷却ジェルも毎回新しいものを使うようにしてください。
脱毛後の肌はデリケートです。不衛生なタオルやジェルを使うことにより、毛穴の炎症や肌荒れなどが起きる可能性があります。

「脱毛ラボ ホームエディション」は、機器本体に冷却機能が付いているのでタオルやジェルは必要ありません。
自分で手軽に脱毛を行えるだけでなく、冷却をし忘れる心配もない、お肌の健康にしっかりと配慮した脱毛器です。

脱毛のアフターケアは「保湿」も重要

脱毛後のアフターケアにおいては、冷却だけでなく保湿も重要です。

脱毛後の肌は照射時の熱により水分が失われており、非常に乾燥しています。
保湿をせずに放置しておくとさらに乾燥が進み、お肌のトラブルが起きやすくなります。

また、乾燥が進むと少しの刺激で強い痛みを感じるようになったり、角質がボロボロになって皮が剥けたり、かゆみやカサつきを起こしたりなど、様々な肌トラブルへとつながってしまいます。
あまりにも症状がひどくなると肌が照射の刺激に耐えられなくなり、元に戻るまで脱毛を休まなければならなくなるので、十分に注意が必要です。

さらに、乾燥している肌は通常の肌よりも硬くなるため、光が毛根まで届きにくく、照射をしても思うような脱毛効果が得られない場合もあります。
肌だけでなく毛穴まで硬くなると、脱毛効果を落とす原因となります。
乾燥により角質が厚くなれば、皮膚の下で毛が成長する「埋もれ毛」になる可能性も高まるので、見た目もよくありません。

このようなことを避けるためにも、脱毛後は冷却だけでなく保湿ケアも行うようにしましょう。
使用するのは普段からお手入れに使っている化粧水やクリームでも問題ありませんが、油分の多いクリームやオイルは日焼けのリスクを高めたり、脱毛後の肌の負担になるので避けましょう。
擦らずに、優しく馴染ませるようにクリームを塗って保湿をしてください。

しっかりケアしてきれいに脱毛!冷却機能付き脱毛器もおすすめ

脱毛は、脱毛器を使って照射をすれば終わりではありません。
照射前後の冷却もとても大切です。火傷、炎症、乾燥、かゆみなどの肌トラブルを起こさないためにも、しっかりと冷却ケアを行いましょう。
また長時間の冷却は逆効果になるので、様子を見ながら5分程度の冷却に留めましょう。

ついつい肌を冷やすことを忘れてしまうようなこともあるかもしれませんが、そんな時に役立つのが、冷却機能付きの家庭用脱毛器です。
「脱毛ラボ ホームエディション」は、照射と同時に氷冷5℃でお肌をひんやりと冷やす「冷却クーリング機能」を搭載しています。
保冷剤やタオルで冷やす面倒なケアは必要ありませんし、照射しながら冷やせるため、痛みに弱い方もお手入れしやすくなります。
脱毛器を購入する際には、ぜひチェックポイントの一つにしてみてください。

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-116-815

受付時間 10:00∼18:00/土日祝休

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

PAGE TOP