髭(ヒゲ)脱毛で後悔?失敗しないための方法を紹介

脱毛は女性だけでなく、男性からも注目を集めています。なかでも人気あるのが髭脱毛です。多くの男性は、「毎日の髭のケアが面倒くさい」「カミソリのせいで肌荒れする」などの悩みを抱えています。しかし、なかには施術後に後悔する人も。

そこで本記事では、髭脱毛で後悔する理由や髭脱毛で失敗しないためのポイントもあわせて紹介します。髭脱毛に興味があるけど後悔したくない人は、ぜひ読んでみてください。

髭(ヒゲ)脱毛を後悔する理由とは

「髭脱毛をしてから、毎日髭を剃る時間や手間が減って楽になった」「カミソリを毎日あてる必要がなくなって、肌荒れが改善した」など、髭脱毛に対してポジティブな意見がある一方、「髭脱毛をしなければよかった…」と後悔する方もいます。

はたして、ネガティブな意見を持つ方たちにはどのような理由があるのでしょうか。よくある4つの理由を見ていきましょう。

想像以上の痛み

脱毛の技術が進化し、痛みを感じにくい施術法が普及しつつあります。しかし、髭の濃さや脱毛方法によっては、想像以上に痛みを感じるケースがあるようです。特に痛みの感じやすい人は、脱毛中に後悔することもあるでしょう。

痛みの感覚としては顔に輪ゴムでパチンと弾かれるような痛みや、静電気が走るような痛み、細いハリでチクチク刺されるような痛みなど、人によって感じ方はさまざまです。

髭の生えている鼻下・あごなどの部位は、特に痛いと感じる方が多いです。それは、サロンやクリニックで受けられる「レーザー脱毛」や「光脱毛」は、光線がメラニンとよばれる黒い色素に反応するから。髭のように毛が太く密集している部位ほどメラニン色素が凝集しているため、レーザーの反応もよくなり、痛みを感じやすくなります。

ただし、レーザー脱毛と光脱毛で痛みの感覚は変わります。例えば、一般的にはパワーが高いレーザー脱毛の方が、光脱毛よりも痛みを強く感じやすい傾向があります。もちろん痛みの感じ方には個人差があるので、自分に合った脱毛法を試してみるといいでしょう。

脱毛中の肌トラブル

脱毛は、毛根にダメージを与える施術です。そのため、脱毛中に肌トラブルが起きる場合があります。特に、顔の皮膚は腕や脚などの部位と比較すると薄くて敏感。ニキビのようなブツブツ、炎症、火傷などの肌トラブルを引き起こす可能性も考えられます。

症状の状態によっては医療機関での薬の処方が必要です。クリニックで施術する場合は、肌トラブルが起きても即時に対処してもらえます。一方、サロンは医療クリニックではないので、場合によっては対処してもらえず自費負担になる可能性があります。

後悔しないためにも、日頃から肌を保湿し潤いを与えることが大切です。特に脱毛前は、できるだけ肌の調子を整えるようにしましょう。

その他、日焼けをしないことや脱毛前日の飲酒を避けるなどの対応により、脱毛時の肌トラブルのリスク軽減ができます。

費用が高い

髭をどのくらい薄くしたいかによって、脱毛にかかる費用は変わります。完全にツルツルにしたい場合は、脱毛完了まで回数を重ねる必要があるため、当初予定していた金額よりも費用が嵩み後悔するケースもあるようです。

例えばレーザーでの髭脱毛は、薄くなったと感じるまでには~6回の施術が一般的で、費用は7~9万円ほどかかります。完全にツルツルにするには、約2倍の回数と費用が必要になってきます。

髭を生やしたくなる

意外に多いのが、「脱毛後に髭をまた生やしたくなってしまった」という後悔です。脱毛は毛根や毛の生成に働きかける細胞にダメージを与えたり、完全に破壊したりするため、基本的に脱毛完了後は毛が生えてこなくなります。

しかし、「髭がなくなり思ったより童顔になった」「やっぱり髭のあるダンディーな雰囲気にしたい」など、心境の変化で脱毛を後悔する方もいるようです。

髭(ヒゲ)脱毛での後悔を回避するためには

では、満足のいく髭脱毛をするにはどうすればよいのでしょうか。後悔する可能性を回避するための3つのポイントを見ていきましょう。

将来髭(ヒゲ)を生やしたくならないか考える

何かの影響や心的変化で、将来的に髭を生やしたくなる可能性はもちろんあります。そのことを理由に、なかなか脱毛に踏み出せない人もいるでしょう。

しかし、「髭を生やしたくなるかもしれないから」と脱毛を先延ばしにし続けると、逆に「もっと早く脱毛しておけばよかった」と後悔する可能性もあります。将来的に髭を生やしたいと思う可能性があるかどうか、しっかりと考えることが必要です。

髭脱毛は、完全にツルツルになるものばかりではありません。なかには「デザイン脱毛」を選ぶ人もいます。デザイン脱毛とは、完全に髭をなくすのではなく、適度に薄くしたり部分的に髭を残したりする脱毛法です。デザイン脱毛をすれば、ファッションの一部として髭を楽しんだり、個性に合わせた雰囲気を演出したりもできます。

評判を入念に確認する

脱毛はどこで施術するかによって、料金や施術回数、効果などが異なります。髭脱毛で後悔しないためにも、クリニックやサロンを事前に調査し、評判や口コミなどの入念にチェックしましょう。

ただし、評判や口コミによっては意見に偏りがある場合もあります。そのため、なるべく複数の情報源から、メリットだけでなくデメリットも比較し、調査するようにしましょう。施術後にどのようなトラブルがあったか、問題に対してどう対処をしてもらえたかなど、サロンやクリニックのサービスも確認してください。評判を前もって把握できていると、契約前のカウンセリングで懸念事項を質問できます。結果、脱毛で後悔する可能性が低くなるのです。

もちろん、家庭用脱毛器を使用する場合も、商品の評判を確認しておくことが大切です。機能性や使いやすさなど調べたうえで検討してみてください。

金銭的な問題がないか確認する

病院やサロンで脱毛をする場合、金銭的な問題がないか、コースや回数などを契約書や料金表でしっかり確認しましょう。どれだけの施術回数や料金を支払う必要があるのかを明確にすることで、脱毛後の後悔を回避できます。

また、例えば5回コースを契約したのに、求めていた脱毛効果が現れず、追加の施術が必要になるなどの可能性もあります。この場合、もともと予定していた費用を大きく上回ってしまうので、カウンセリングの際にしっかり相談したうえでコースを決めることが大切です。

さらに、サロンによっては脱毛のコースにプラスして自宅用化粧品をすすめられ、予定外の高額料金を契約してしまうケースも。「冷静になってみると不要だった」とならないように、追加でかかる費用に関しても慎重に決めましょう。

髭(ヒゲ)脱毛は薄くする程度から始めるのがおすすめ

将来的に髭を生やしたくなったらどうしよう…と悩んでいる方は、髭を完全に脱毛するのではなく、薄くするところからスタートするのがおすすめです。そうすることで、髭のない自分の姿をイメージしやすくなります。

髭を生やしたくなったときに対応できるのも大きなメリット。髭脱毛で後悔しないためにも、覚えておきたいポイントです。

手軽に脱毛を始めるなら家庭用脱毛器がおすすめ

髭を薄くしてみたい人や、費用が明確な脱毛を検討したい人は、家庭用脱毛器を使った髭脱毛がおすすめです。

家庭用脱毛器であれば、かかる費用は脱毛器のみ。何度施術を繰り返しても、追加料金など発生しません。

また、家庭用脱毛器のなかにはサロンと同じくらいのパワーを持ったものもあります。つまり、しっかり効果を実感しながら、髭の濃さなど様子を見つつ脱毛ができるということ。「脱毛で後悔したくない」や「まずは薄くしてみたい」と思っている人にはぴったりです。

もちろん、サロンやクリニックに通う必要がないので手軽にはじめられ、自宅で自分の好きなタイミングで施術できるのも大きなメリットです。髭脱毛に少しでも興味のある人は、まずは気軽に家庭用脱毛器での脱毛をしてみてはいかがでしょうか。

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-116-815

受付時間 10:00∼18:00/土日祝休

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

PAGE TOP